高額施術は受ける前にしっかり理解!
歯の模型

インプラント治療は虫歯や歯周病、またはアクシデントなどにより歯を失ったときに噛み合わせを回復させるために行う治療です。
その仕組みは人工の歯根を顎の骨に埋め込んで結合させることで安定した噛み合わせを回復することです。
自身の顎の骨を使用することから審美性にも優れているという特徴があります。
ただ、外科手術が必要となるので事前にさまざまな検査が行われます。

事前に行われる検査ではまず口腔内の状況の確認を行います。
インプラント治療においては人工の歯根を埋め込んで顎の骨と結合するまでに時間を要することから、その期間に感染症を発症することのないように虫歯や歯周病があれば事前に治療を行っておきます。
そして顎の骨の量などを測定します。
顎の骨の量が不十分であると人工の歯根を埋め込んだときに強度不足となる可能性があるからです。

アクシデントによって歯を失った場合、歯の根が残っていることがあります。
その場合は先に抜歯作業を行います。
抜歯を行い患部が治癒してからインプラント治療を行うこととなります。
ただ、期間をあけることで顎の骨に変化が生じる可能性もあります。
そこで医療機関によっては即時埋入という治療をすることもあります。

即時埋入とは抜歯をしたあとすぐに人工の歯根を埋め込むもので、顎の骨に変化が起こる前に人工の歯根を埋め込むことができるので自然な感じの歯並びとすることができます。
すなわち審美性に優れるということです。

インプラントに使われる素材はチタン

インプラント治療において顎の骨と人工の歯根が結合する仕組みは人工の歯根の素材にあります。
人工の歯根の素材にはチタンが使用されています。
チタンは親和性が高い素材であることが知られており、期間をおくことによって確実に顎の骨と結合します。
また、金属アレルギーのリスクが低いこともメリットです。
さらに医療技術の進歩によって人工の歯根の顎の骨に埋め込む部分に工夫が施されており、より結合しやすくなっています。

埋め込みに際しては医師が事前の検査によって角度などを検討して行います。
顎の骨に埋め込むと言っても神経や血管をうまく避けて埋め込みます。
そのために事前検査ではコンピュータなどを使った診断やシミュレーションを行い、万全の態勢を整えてから治療を行います。

土台となる人工の歯根を正確に取り付けることができれば人工歯を取り付けて定期的なメンテナンスを受けることとなります。
つまり、土台となる人工の歯根の取り付けが何よりも重要と言うことがわかります。

インプラント手術の方法とは?

患者目線から見た歯科衛生士と歯医者

インプラント治療においては人工の歯根を埋め込むための手術を行います。
人工の歯根の構造はフィクスチャーやアバットメントがあります。
フィクスチャーが実際に顎の骨に埋め込む部分で、アバットメントは人工の歯根と人工の歯を連結させるための部分です。
手術においては一度の手術においてフィクスチャーとアバットメントを同時に取り付ける1回法とフィクスチャーとアバットメントを別々に取り付ける2回法があります。

1回法を選択するメリットとしては手術の回数が少なくて済むことです。
一度の手術において人工歯を取り付けるまでに必要な治療を全て行うことができるので患者にとって負担は小さくなります。
また、治療期間の短縮もできます。
構造がシンプルであることから強度が高い他、コストを抑えることが可能です。
アバットメントまで取り付けているので、顎の骨との結合の状態も確認しやすく、確実な治療を行うことができます。

インプラント手術のデメリット

しかしながらデメリットもあります。
まずは人工の歯根を埋め込む部位の顎の骨の量が十分である必要があります。
また、高い技術力が必要であり、治療を行える医療機関が限られることです。
また、取り付けることができる人工歯の種類が限定されることとなります。

インプラント手術のメリット

2回法は最初の手術においてフィクスチャーのみを取り付けて仮蓋をして顎の骨との結合を待ちます。
その後、結合が確認できたら仮蓋を取り除きアバットメントを取り付ける手術を行うものです。
メリットはさまざまなケースに対応できることです。
そして感染症などのリスクに対して強いことが挙げられます。
仮蓋をして経過観察を行うのでリスクを最小限として治療を進めることができます。
また、アバットメントに連結する人工歯についてはさまざまな種類から選ぶことができます。
自然な歯の色に合わせて選択することができます。

インプラント治療の注意点

ただ、フィクスチャーと顎の骨が結合するまでの間、そのままにしておかなければならないので治療期間が長くなります。
また、一度手術した後に再度手術をする必要があるので患者にとって身体的、精神的な負担となることがあります。

ただ、2回法において行われるアバットメントを取り付ける手術についてはフィクスチャーを取り付けるときの手術のようなものではなく、簡単な治療で済みます。
医療機関によってはレーザーなどを用いた治療となることもあります。
アバットメントを取り付けたあとは人工歯を取り付けて治療が終わります。